So-net無料ブログ作成
検索選択

速報!!涙を見せた鈴木雄介 恥骨炎症とは?オリンピックに間に合う!?

金メダルが期待された鈴木雄介選手

G20150823010991080_thum.jpg






23日午前に開催された世界陸上2015 20キロメートル競歩

日本からは3名の選手が出場しました。

中でも世界記録保持者の鈴木雄介選手は、金メダルの期待がかかっていました。
関連記事 ・小松高校出身 鈴木雄介情熱大陸に出演!!彼女は?結婚は?現在は嘱託だって?

11キロ付近に悪夢が

しかし、結果はまさかの途中棄権

鈴木雄介選手は11キロ付近でスピードを緩め棄権することになりました。

レース後涙を見せ、「期待してもらった中でのこういう結果。ふがいない。痛みのある中の調整で、合わせられなかった」と悔やみました。





恥骨炎症とは

鈴木雄介選手の恥骨炎症はレース前から報じられていました。

北京に出発する前に鈴木雄介選手は、恥骨に炎症があることを告白していたからです。

7月にも5000メートルで日本新記録を出していましたが、本来の歩きとは程遠かったようです。

そのため、今回はフォームが乱れることで初の失格になることもやむを得ないと覚悟を決めて臨んでいたのです。

そもそも恥骨炎症とは、妊婦が発症しやすい症状で、恥骨結合部の損傷で炎症が起きてしまうことです。

スポーツ選手もかかりやすい傷病の一つで、サッカーの中田英寿選手もこの症状に悩まされていたという報道もあります。

リオデジャネイロオリンピックに影響は?

世界陸上2015での結果は残念でしたが、ファンとして期待したいのはやはりリオデジャネイロオリンピックでの金メダル。

そういった意味では、今回の棄権という決断は、悪くなかったのではないかと思います。

ただし、恥骨結合炎を発症しているということは、すくなからず1年後の大会にも影響を及ぼすでしょう。

それが、どの程度になるのかレース直後の今は詳細は分かりません。

しかし、今回の悔しさをばねに必ずや、復活して美しいフォームでリオデジャネイロのゴールテープを一番に切ってくれることを願ってやみません。






関連記事
ジャスティン・ガトリンに注目
世界陸上注目選手と日程まとめ
ウサインボルトは障害を持ってた
ウサインボルトのタイムや時速は?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。